【2024】創業融資のサポートとは?専門家に依頼するメリットをわかりやすく解説

創業融資のサポート

創業当初は、何かと資金が必要となります。創業融資に成功すれば資金面に余裕が生まれて事業投資がしやすくなり、事業が軌道に乗るスピードを早めやすくなるでしょう。

では、創業融資について専門家のサポートを受けることには、どのようなメリットがあるでしょうか?今回は、創業融資で主にチェックされる項目や創業融資について専門家からサポートを受けるメリットなどについて詳しく解説します。

創業融資のサポートとは

創業融資のサポートとは、事業者が創業融資を申し込むにあたって専門家が行うサポートです。

創業融資の申し込みは自社のみで行うこともできるものの、何をどのように進めてよいかわからない場合や融資の審査に通る可能性を高めたいことも多いでしょう。その場合は、専門家による創業融資サポートを受けると良いでしょう。

創業融資サポートを依頼した場合に専門家が行うサポート内容は、その専門家によってさまざまです。一般的には、次の支援を受けられることが多いといえます。

  • 創業融資の申し込み先の選定
  • 創業融資の全体の流れの説明とアドバイス
  • 創業融資の申し込みに必要な書類の作成サポート
  • 創業融資の申し込みに必要となる創業計画書の策定支援やコンサルティング

具体的なサポート範囲は専門家によって異なる可能性があるため、その専門家のサポート内容は依頼前によく確認しておいてください。

創業融資で主にチェックされる項目

創業融資の申し込みでは、金融機関は主にどのような点をチェックしているのでしょうか?ここでは、創業融資の審査で特に重視される項目を4つ紹介します。

  • 創業の動機や目的
  • 経営者の経歴や能力
  • 自己資金
  • 信用情報

創業の動機や目的

一般的な融資では、その企業のこれまでの実績や財務状況などが確認されます。しかし、創業融資ではその企業自体にはまだ実績がなく、財務状況もさほど参考になりません。

そこで、融資の審査にあたっては、創業者の想いが重視される傾向にあります。たとえば、なぜその事業で創業するのか、またその事業によって何を実現したいのかなどが挙げられます。

経営者の経歴や能力

創業融資では、経営者の経歴や能力も重視されます。経営者が長年身を置いてきた分野での創業であれば、経営者自身の能力や知識がある程度担保されるため、融資が通りやすいといえるでしょう。

一方で、経営者自身の職歴と関連が浅い分野での創業であるからといって、必ずしも融資が通らないわけではありません。しかし、この場合はなぜその事業で創業するのか、また必要な能力をどのように担保するのかなど、より丁寧な説明が必要となります。

自己資金

創業融資では、自己資金も重視されます。

極端な例ですが、自己資金がまったくなく必要資金のすべてを融資で賄おうとしている場合、融資を受けることは困難でしょう。このような創業者はたとえ事業に失敗しても自身の懐は一切痛まず、自身でリスクを取るつもりがない事業者への融資は、金融機関にとって非常にリスクが高いためです。

一般的には、少なくとも創業資金総額の10分の1以上、可能であれば3分の1以上の自己資金があることが望ましいとされています。

信用情報

信用情報とは、過去の滞納情報(いわゆる「事故情報」)などが記録された情報です。

融資の申し込みを受けると、金融機関はその者の信用情報を確認します。たとえ少額であったとしても、クレジットやローンの支払いが数回遅れた記録がある場合、創業融資を受ける際に不利となる可能性があります。

金融機関としては、きちんと返済しないかもしれない人物やその人物が経営する企業に対して融資をすることはリスクが高いためです。

創業融資について専門家のサポートを受けるメリット

創業融資は自社のみで申し込むこともできますが、可能な限り専門家のサポートを受けると良いでしょう。ここでは、創業融資について専門家にサポートを受ける主なメリットを4つ解説します。

  • 創業融資の申し込み先についてのアドバイスを受けられる
  • 融資成功の可能性を高められる
  • 自社の創業計画について客観的なアドバイスを受けられる
  • 本業に注力しやすくなる

創業融資の申し込み先についてのアドバイスを受けられる

1つ目は、創業融資の申し込み先についてのアドバイスを受けられることです。

創業融資を活用しようにも、どこに申し込んでよいか判断が難しい場合もあるでしょう。専門家によるサポートを受けることで、創業期におすすめの融資申込先についてアドバイスを受けることが可能となります。創業期に活用したい主な融資制度については、後ほど解説します。

融資成功の可能性を高められる

2つ目は、希望額の融資が成功する可能性が高くなることです。

創業融資に詳しい専門家は、金融機関側が知りたい内容や審査にあたって重視されるポイントを踏まえて事業計画書の策定をサポートします。

また、次で解説しますが、事業計画自体の精度を高める支援を受けることも可能です。そのため、専門家によるサポートを受けることで、創業融資が成功する効果が期待できます。

自社の創業計画について客観的なアドバイスを受けられる

3つ目は、自社の創業計画について客観的なアドバイスを受けられることです。

自社のみで策定した創業計画は、検討の甘い部分や全体の整合性が取れていなかったり、検討が漏れていたりすることが少なくありません。

専門家に事業計画を客観的な視点で確認してもらいコンサルティングを受けることで、事業計画の精度を高めることが可能となります。事業計画の精度が高まることは創業融資の成功につながるだけでなく、その後実際に事業を軌道に乗せるための拠りどころともなるでしょう。

本業に注力しやすくなる

4つ目は、自社の本業に注力しやすくなることです。

創業融資の申し込みを自社で行おうとすると、融資制度の調査や書類の準備などだけでも多大な時間を要します。創業期はただでさえ考えることや行うべきことが多いうえ、人手が足りていないことも少なくありません。

専門家によるサポートを受けることで、創業融資について自社でかける手間や時間を最小限に抑えることが可能となり、自社の本業に注力しやすくなります。

創業期に活用したい主な融資制度

創業期である場合、一般の金融機関(銀行)から融資を受けることは容易ではありません。なぜなら、創業期にはまだ過去の信用が積み上がっておらず、金融機関にとっては融資のリスクが高い傾向にあるためです。

しかし、創業期であっても活用しやすい融資制度が設けられています。ここでは、創業期に活用したい主な融資制度を2つ紹介します。

日本政策金融公庫の新創業融資制度

日本政策金融公庫とは、国民生活の向上に寄与することを目的とする政策金融機関です。

一般の金融機関が行う金融を補完する役割を担っており、一般の金融機関からの融資を受けにくい創業期などの融資に力を入れています。

なかでも新創業融資制度とは、新たに事業を始める者や事業開始後税務申告を2期終えていない者を対象に、最大3,000万円(うち運転資金1,500万円)の融資を行う制度です。

10分の1以上の自己資金が必要となるものの、原則として担保や保証人が必要ありません。

参照元:新創業融資制度(日本政策金融公庫)

地方自治体の制度融資

創業地の地方自治体が独自の融資制度を設けていることがあります。たとえば、東京都が行っている創業融資制度では、創業を具体的に計画している者や創業した日から5年未満である中小企業等を対象に、最大3,500万円の融資を行っています。

これは都が直接融資をするのではなく、融資を行うのは金融機関です。ただし、東京信用保証協会が信用を補完し、東京都は東京信用保証協会に利用者が支払う信用保証料の補助や金融機関に対する貸付原資の預託などの役割を担っています。

創業する自治体が独自の融資制度を設けている可能性があるため、あらかじめその自治体での融資制度を確認しておくとよいでしょう。

参照元:新創業融資制度(東京都創業NET)

創業融資サポートはトライズコンサルティングへお任せください

創業融資のサポートは、当社トライズコンサルティングまでお任せください。最後に、トライズコンサルティングの概要と主な特長について解説します。

トライズコンサルティングとは

トライズコンサルティングは、「お客さまの目標実現のため、ワクワクするような成果を提供します」をコンセプトに、中小企業の抱える問題解決を専門的に担うコンサルティング会社です。

トライズコンサルティングの代表である野竿は、経営コンサルティング唯一の国家資格である中小企業診断士を保有しているほか、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)にも登録されています。認定支援機関とは、中小企業支援に関する専門的知識や実務経験が一定レベル以上にある者として、国の認定を受けた支援機関です。

トライズコンサルティングの特長

創業融資サポートをトライズコンサルティングに依頼するメリットは、どのような点にあるのでしょうか?トライズコンサルティングの主な特長を5つ紹介します。

  • 中小企業診断士が代表で安心

完全成功報酬で対応

  • オンラインでのご相談にも対応
  • 面接のサポートにも対応
  • 中小企業の特化した豊富なサポート実績
  • 創業後の補助金もサポート可能

中小企業診断士が代表で安心

コンサルティング会社はさまざまな母体が運営する中、トライズコンサルティングの代表・野竿は中小企業診断士です。そのため、確かな知識に裏打ちされた創業融資サポートを実現しています。

完全成功報酬で対応

トライズコンサルティングは、完全成功報酬にて創業融資をサポートしています。

創業当初は資金面での余裕がないことが一般的であり、融資の審査に通らなかったにもかかわらず専門家報酬だけが発生する事態はできるだけ避けたいことでしょう。しかし、成功報酬のほかに着手金が発生する場合や、サポート期間に応じて報酬が発生する月額課金制などの場合には、融資が獲得できなくても専門家報酬が発生する可能性があります。

そのような事態を避けるため、トライズコンサルティングでは完全成功報酬制を採用しており、融資が通らなかったにもかかわらず、専門家報酬だけが発生する事態を避けることが可能です。また、当社のサポート報酬の計算方法は明確であり、「融資獲得額の5%」または「165,000円」のいずれか高い金額としています。そのため、予期せぬ報酬が発生することはなく、融資獲得後の資金計画も立てやすくなります。

オンラインでのご相談にも対応

トライズコンサルティングではご相談方法を対面に限定せず、Zoomなどを活用したオンライン相談にも対応しています。移動時間がかからず、また出張先などからもでもご相談頂けることから、多忙な社長様からもご好評をいただいています。

面接のサポートにも対応

創業融資では、金融機関の担当者と面接する必要があります。

この面接は、原則として企業の代表者などが自ら出向かなければならず、コンサルタントなどが代理で面談を受けることはできません。面接でどのようなことを聞かれるのか、また面接でどのように受け答えすればよいのかなど、不安に感じることも少なくないでしょう。

そのため、トライズコンサルティングでは面接のサポートも行っています。事前に面接のシミュレーションをしてコンサルタントからアドバイスを受けることで、安心して面接に臨むことが可能となります。

中小企業の特化した豊富なサポート実績

トライズコンサルティングでは、中小企業の融資支援に特に力を入れています。創業融資についても豊富な支援実績があり、安心してお任せいただくことが可能です。

創業後の補助金もサポート可能

トライズコンサルティングでは創業融資の支援のみならず、補助金の活用サポートにも力を入れています。補助金とは、一定の要件を満たして応募し、多数の応募の中から選ばれる(採択される)ことで、国などから返済不要なまとまった資金を得られる制度です。

特に創業期は資金に余裕がない傾向にあるため、融資と補助金を併用することも少なくありません。創業融資についてトライズコンサルティングへご相談いただくことで、補助金についても相談することが可能となります。

まとめ

創業融資を受けることで、創業期の資金繰りに余裕が生まれ、立ち上げた事業を軌道に載せやすくなります。創業融資は自社のみで申請することもできる一方で、専門家によるサポートを受けることも可能です。

専門家のサポートを受けることで、自社で投じる手間や時間を最小限に抑えることが可能となるほか、実績豊富な専門家からサポートを受けることで、希望額の融資が通りやすくなる効果が期待できます。また、専門家のコンサルティングを受けながら創業計画を作り込んでおくことで、その後の事業運営の拠りどころとなることも大きなメリットの一つです。

当社トライズコンサルティングでは創業融資のサポートに力を入れており、豊富な支援実績があります。創業融資について専門家のサポートをご希望の際や、中小企業を創業するにあたって相談先となるお金の専門家をお探しの際は、トライズコンサルティングまでまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

補助金や経営に関するご相談のご依頼は
こちらからお問い合わせください。

受付時間 9:00〜18:00(土日・祝日を除く)

ダウンロードはこちら